お得なのはクレジットカードだけ?

先日の記事で、クレジットカード払いにすることでお得になり、
家計を節約できると説明しました。
しかし、「お得なのはわかったけど、クレジットカードを使うのはやっぱり怖い」
と思う方もいると思います。
実際にクレジットカードを使ってみれば、
その便利さとお得さというのが、わかるのですが、
やはり最初は抵抗がある気持ちもわかります。
その怖さの多くは、悪用や使いすぎと言ったところだと思います。
悪用については、また別でお話したいと思いますが、
現金は紛失した場合、勝手に使われたら終わりですが、
これらのクレジットカードなどでは、すぐに発行会社に連絡すれば、
すぐに使用を止めることができ、不正使用されたお金は返ってきます。

一方で、使いすぎが怖いからクレジットカードを使わないという人もいます。
使いすぎに関しては、
先日の記事でも家計簿アプリを活用することで防げるということを説明しました。
このサイトを見てくれるような方ですから、
恐らく、お金にとても気を使っている人だと思います。
気を使っている人なら家計簿アプリを使えば、
使いすぎることなどありえないと思います。
とはいえ、最初は使いすぎが怖いという人もいると思います。

他にも怖いと思う理由はあると思いますが、
クレジットカードが怖い、抵抗があるという人のために、
クレジットカード以外の決済方法も含めて紹介したいと思います。

決済方法って何があるの?

そもそも、現金以外の決済方法はどんな物があるでしょうか?

  • プリペイドカード
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • 電子マネー(FeliCa、非接触決済、タッチ決済)
  • QRコード決済(スマホ決済)

厳密に言うと上記の分類は誤っているのですが、
実生活に即した分類イメージとしては上記といったところでしょうか?
それぞれの特徴を簡単に説明します。

プリペイドカード

前払い式のカードです。
有名どころでは、贈答用でよく使われるQUOカードがあります。
他にも最近の流行りとして、VISA加盟店で使用できるKyashやバンドルカード、
JCB加盟店で利用できるLINE Payカードがあり人気が出てきています。
あらかじめお金を入金して、その金額の範囲で使用するので、
入金した金額以上に使いすぎてしまうことはなく安心です。

デビットカード

即時払い式のカードです。
日本ではあまり流通していないので、イメージが沸かないかもしれませんが、
決済と同時に、銀行口座から支払い金額が引き落とされるカードです。
J-DebitやVISAデビットが有名です。
クレジットカードのように後からまとめて請求されることはないので、
比較的に家計状況がわかりやすく、
また、銀行口座にお金がなければ支払いができないので、
クレジットカードのように、気づいたら金額が大変なことになっていたということはありません。

クレジットカード

後払い式のカードです。
一定期間に使用した金額が支払日にまとめて請求されます。
銀行口座にお金がなくても、クレジットカードの使用限度額内であれば、購入ができます。
JCBやVISA、MasterCard(マスターカード)、AMEX辺りが日本でもよく目にすると思いますが、
「これら=クレジットカード」と”とりあえず”思っていただければ良いと思います。
(よく知っている人からすれば、怒られそうな乱暴な解釈ですが。)
現金を除けば、最も利用できる店舗が多く、海外でも使用できます。
カードによって様々な特典が付くことも特徴の1つです。

電子マネー (FeliCa、非接触決済、タッチ決済)

FeliCa、非接触決済、タッチ決済ってなんだ?と思われるかもしれませんが、
要は、Suicaです。
他にも、関東私鉄のPASMO、JR西日本のICOCA、関西私鉄のPiTaPa、
JR九州のSUGOCAを始めととする、交通系電子マネーや
イオン系のWAON、セブンイレブン系のnanaco、
楽天の楽天Edyなどの流通系電子マネーがあります。
交通系電子マネーは持っている人、
使ったことのある人も多いのではないでしょうか?
カードをかざすだけで決済ができ、スムースで楽なのが特徴です。
先に入金するプリペイド型が多いので、
こちらも使いすぎを防止でき、安心です。

コード決済(スマホ決済)

コード決済は、最近は過剰とも言えるようなブームになっています。
あらかじめコード決済サービスにチャージ(入金)、
もしくは、クレジットカードなどを登録しておきます。
そして、スマートフォンの画面に表示したバーコードまたはQRコードを店舗側で読み取るか、
店舗側のQRコードをスマートフォンで読み取って、決済します。
2018年末頃に開催されたPayPayの100億円キャンペーンで、
一気に注目を浴びることになった、あの決済方法です。
代表的なサービスは、PayPayの他に、
LINE pay、Origami Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイなどがあり、
これ以外にも、ここでは挙げきれないほどの様々なサービスが乱立しています。
消費者側の決済が楽なのはさることながら、店舗側の負担が少ないことも特徴で、
クレジットカードや電子マネーと違い、特別な機器を必要としない、
店舗が支払う決済手数料が比較的安いなどの理由で、
キャッシュレスで世界に出遅れている日本での普及が”異常に”期待されている決済方法です。

お得なのはクレジットカードだけ?

これだけ色々ある決済方法の中で、お得なのはどれでしょうか?
前回の記事から言っているクレジットカードだけでしょうか?

答えは、どれもお得です。

どの決済方法であっても、大抵ポイントが付きます。
つまり、現金以外であれば、どれでも良いのです。
ただし、交通系電子マネーはポイントを得るために別途登録が必要だったり、
ポイントサービス自体がないことがあるので、注意が必要です。
基本的には、今使っている決済方法を多く使うようにしてください。
それだけで良いのです。

現金が一番最悪です。

最もお得な決済方法はなにか?
これを考え始めると奥が深いです。
生活スタイルによっても答えが変わってきます。
これを突き詰めるのは、好きな人が行えば良いと思います。
実際に、Googleなどで検索すると、
最も還元率の良いクレジットカードは何か
を紹介している記事は多くあります。
好きならば苦になりませんが、
普通に生活している人には、調べるのは苦痛でしかありません。

ここは気楽に考えましょう!

今持っている決済方法で支払うことから始めましょう!!

もっと得をしたいと思ったときに、還元率の高い方法を探せば良いと思います。

大切なポイント

どの決済方法を使っても構いませんが、
実行するに当たって気をつけるべき大切なことがあります。
そのポイントは2つです。

  • 現金以外の決済方法を利用する
  • 決済方法はなるべく1つに絞る

1つ目の「現金以外の決済方法を利用する」はポイントを得るため、
そして、家計簿アプリを使うために大切です。

2つ目の「決済方法はなるべく1つに絞る」というのも、
ポイントを効率よく得るために必要です。
複数枚のクレジットカードの使用や、
SuicaもWAONもnanacoも使うといった色々な決済方法を使うことは、
得られるポイントを分散させることになり、中々貯まらなくなります。
1ポイントから支払いに使える場合はまだ良いですが、
現金化や航空系マイル、景品と交換などの場合、
最低使用ポイント数が決まっており、
ある程度ポイントを貯める必要があります。
また、普段あまり使わない決済方法で一時的にそのポイントを得ても、
次にその決済方法を使うことがなく、
結果的にポイントの有効期限が切れてしまうということも起こりえます。
メインで使う決済方法を決め、
なるべくその方法で支払うことがポイント効率よく貯めるコツです。

とはいっても、どのサービスを使えば良いの?

ここからは、現金以外なら何でも良いとは言っても、
何を使えば良いかわからない、
少しでもお得な方が良い、
これから始めるから何か教えてほしいと言う人のためにいくつか紹介します。
ここでは、最適は求めず、誰でもある程度お得な無難な選択を紹介します。

プリペイドカード Kyash

Kyashのすごいところは支払いの2%が残高として次月に戻ってくるという点です。
また、プリペイド型でもありますので、
あらかじめ予算分をチャージしておき、
その範囲で使用すれば、使いすぎも防げます。
バーチャルカードとリアルカードがあり、
バーチャルカードは主にネットショッピング用途で、
リアルカードを申し込めば、一部未対応店舗はありますが、
街中のVISA加盟店で使用できるので、対応店舗数も多いです。
このカードだけ使っても、十分にお得なのですが、
このカードはチャージにクレジットカードを使うことで、本領発揮します。
チャージをクレジットカードで行い、Kyashで支払うと、
Kyashの残高還元2%に加えて、
クレジットカードのポイントも貯めることができます。
いわゆるポイントの二重取りです。

電子マネー 楽天Edy

電子マネーでは楽天Edyが無難です。
楽天Edyは使用できる場所も多く、
利用に応じて楽天スーパーポイントがたまります。
楽天スーパーポイントは、楽天のサービスだけでなく、
マクドナルドなどの実店舗でも使用することが可能です。
関東圏であればSuicaも無難な選択肢です。
Suicaであれば利用シーンも多いですし、
電車だけでなく、コンビニなどでも使えます。

コード決済 PayPay

コード決済では、やはりPayPayです。
コード決済の中では、対応店舗が多く、
個人店などでも対応していることもあります。
PayPayの残高、もしくは、ヤフーカードを紐づけて支払うと、
金額に応じて、最大3%がPayPayの残高で還元されます。(上限額はあります)
クレジットカードと紐付けることで、
クレジットカードのポイントも貯めることができます。
(ただし、クレジットカードでチャージの場合は、還元率が0.5%に減ります)
クレジットカードと紐付けないで、銀行口座からチャージすることができ、
プリペイド型として使用することもできるので、使いすぎ防止にもなります。

クレジットカード以外のおすすめを3つ挙げましたが、
自分に合った方法を選ぶことが大切です。

まとめ

  • 決済方法は様々存在する
  • 現金以外であれば、どの決済方法でもお得
  • 現金が一番最悪
  • まずは既に使用している決済方法でメインで使ってみよう!
  • それでもおすすめを知りたい人のために無難な選択肢を紹介しました

節約術カテゴリの最新記事